現在位置: ホーム > 高新区案内 > 高新区概要

常熟國家高新技術産業開発区(以下、「常熟高新区」と言う)は長江デルタの中心、及び中国沿江経済地帯と沿海経済地帯とのゴールデン交差点に位置しており、旧称が江蘇省常熟東南経済開発区、2003年5月、江蘇省政府に批准成立され、2011年4月、現名に変更されました。常熟高新区は優れた交通位置、特色のはっきりする産業クラスター、完備された発展拠点及び優質・効率的な管理サービスを有しております。成立後の十年以来、常熟高新区は経済実力と科学技術革新能力が速く向上され、江蘇省発展速度最速開発区の一つに数回評定され、続三回連続で「長江デルタ地域投資価値最優秀開発区」の一つ及び四回ほど「中国サービスアウトソーシング最優秀団地トップ10」の一つとして受賞し、中国発展改革委員会に「中国ハイテクサービス産業基地核心区」と評定されたことがあります。今まで、常熟高新区は既に20余りの国家・地域から900余りのプロジェクトを導入し、そのうちトヨタ、三菱、コンチネンタル、宝鋼、日立、ヘレウスなど16社の世界トップ500社の投資したプロジェクトは23件、投資額1億ドル以上のプロジェクトは19件、国内外の登録資本金はそれぞれ206億元と60億ドルです。

主導産業は集まってアップされています

近年、常熟高新区は科学的発展観に基づき、商業・資本誘致と人材・知恵誘致を共に行い、及び現代サービス業と先進製造業を共に動かさせる戦略をもとにして、自発的に国内外の先進産業とハイエンドプロジェクト移転を受け、自動車と部品、ハイエンド装備製造、ハイエンド電子情報、ハイテクサービス業をメインにする特色産業をほぼ成しています。

自動車・部品産業は加速して出来ています。高新区は自動車・部品産業の核心競争力の構築をメインラインにし、全面的に「先頭にてリードする、プロジェクトにて動かす、革新にて駆動する、工業・貿易を盛んに進める」という産業発展戦略を行い、力を入れて産業のレベルと科学技術の研究開発の能力を高めています。現在、国内外40社以上の自動車・部品企業は既に本高新区に立地し、全面的に、豊田汽車研発中心(トヨタ自動車研究開発センター)を先頭にし、豊田汽車変速器(トヨタ自動車CVT)、三菱電機自動車部件、コンチネンタル、コンチテック、中欧自動車など重要部品企業をメインにし、豊田倉儲、豊通上組物流及びGLP物流園などを紐にし、完成車と部品の研究開発、生産、物流、貿易などを一体化してより完備される自動車・部品産業クラスターを成しています。

ハイエンド装備製造産業の構造調整は速く推進しています。十年間の発展を経て、高新区の装備製造業はすでに著しい特長を成し、製品種類が多い、技術含有量が高い、関連条件が完備され、特色がはっきりしています。いま、装備製造系企業は70社以上、製品が工事機械、精密機械、自動化制御、生活用電器など諸分野に及ぼし、三一重工、日立維亜、三菱電機、三菱重工、GEAなど知名企業を集め、装備製造業を低級から高級に上げるように遂げました。

ハイエンド電子情報産業は盛んに発展されています。高新区は、電子情報産業園をメインにするハイエンド電子情報産業集中地帯を成しました。主に高性能集積回路の発展を行い、次世帯通信ネットワークの関連設備と知恵応用の研究開発・産業化を速め、モノのインターネットとクラウドコンピューティング産業の育成と模範応用を促し、中国電子情報産業発展の最高点を占めています。敬鵬電子、相互電子、明泰科技など一連の著名電子企業は良く発展され、製品は普通電子製品からスマート化、デジタル化、情報化製品に転じてアップされ、将来にハイエンド電子情報産業の発展に重要なエンジンとなっています。

ハイテクサービス業は絶えずに革新されています。本区はソフトウェアのサービスアウトソーシング産業をよく進め、大いに生産型サービス業を育てることにより、現代サービス業の健康・速い・効率的に発展される新局面を成しています。現在、本区では、賽科斯、聯都グループ、博達信息をメインにするソフトウェアのサービスアウトソーシング、トヨタR&D、越田テックををメインにする研究開発・測定機関、広和信息、網路神をメインにする電子商取引基地、匯豊銀行、三井住友銀行をメインにする外資銀行機関、開晟母基金、中科創投、華映資本をメインにする投資機関、森特科学技術本部、ヘレウス新材料アジア太平洋地域本社をはじめとする本部経済は集まっています。常熟E-ビジネス産業園、常熟科学技術金融産業園、自動車生産型サービス産業園など特色団地が正式的に稼働するに伴い、本区は多分野、多レベルのハイテク現代サービス業産業クラスターを成しています。

高新区における常熟国家大学科学技術園は中国科学技術部及び教育部に批准成立された、中国県級市に僅かな国家級大学科学技術園であり、現在、中国初回大学学生科学技術創業実習基地の一つとなり、本高新区に良質な科学技術資源と高級技術人材を速く集めるためによく役立っています。常熟国家大学科学技術園、中国大学学生科学技術創業実習基地の抜群な効果を受け、本高新区の科学技術革新ははっきり強化され、様々な革新創業プロジェクトは、本高新区「科学技術・人材・資本を良く取り組み、研究開発・インキュベーション・育成を効率的に繋げる」という革新規制及び良い雰囲気の中に、速く発展されています。

現在、常熟国家大学科学技術園は省内外20校以上の重要大学と、専門的な協力連盟規制を築くことを通じ、大学の科学技術特長と現地産業のニーズを効率的に繋げ及び基盤の科学技術資源を速めて集めるという革新方法を探索し、《科技日報》は、第一ページに、これを「中国科学技術革新システム建設における重要突破」と褒めたことがあります。いま、本園に、科学技術企業のインキュベータは15万平方、建設済・建設中加速器は28万平方、立地済革新科学技術型企業は140社、育成中企業は98社があります。すでに浙大(常熟)光電技術国際研究センター、上海交大(常熟)科学技術園、同済(常熟)科学技術園、南師大(常熟)発展研究院、蘇大(常熟)低炭素応用技術研究院など一連の大学・現地の協力拠点を遂げ、イスラエル施拉特高科技孵化器管理公司を導入してしまい、努力してプロジェクトの分散インキュベーションを産業クラスターインキュベーションに速めて転じるように行っています。そのうえ、力を尽くして常熟科学技術金融産業園を造り、既に20社以上のリスク投資、創業投資機関、基金会社を集めました。現在、管理資金は40億元を超え、天使投資、種子基金、リスク投資、株権投資、産業基金からなるより完全な科学技術金融システムを築いています。

常熟高新区は実により「拠点にて人材を集める、プロジェクトにて人材を誘う、機関にて人材を育てる、規制にて人材に駐在させる」という考え方に基づき、「人材安居プロジェクト」、創業始動支持計画など知恵誘致政策の規制に従い、科学技術型人材を多く誘い、高級人材の戦略準備を強化しています。本園はすでにポストドクター革新実践基地を設け、企業の「三所一センター」の建設効果ははっきりしています。いままで、博士242人、修士576人を採用し、中国「千人計画」、江蘇省双創人材、姑蘇人材、常熟先行人材のプロジェクト83件を導入しました。

産業・都市が取り組むことは新たに発足しています

新しい段階において、常熟高新区は、「移転発展の引率区、都市機能の向上区、本部経済の集中区、先争い・昇進の模範区」を建てるという目標をめぐり、国家級ハイテク区を創り出すことをきっかけにし、力を尽くし、サービス産業を主要サポートにする、生態景観の品質が優れる、都市機能が完備される、かつ著しい都市経済特性のある現代化の南部新都市を建て、ここを常熟都市発展のサブセンター及び産業乗越えの新しいエンジンに成しています。

いま、常熟市中心部に臨む位置特長に寄り、中には昆承湖及び国家大学科学技術園によるユニークな配置、省級サービス業総合改革試験に登録された発展の良いチャンスを備え、常熟高新区は絶えずに団地関連建設に多く投資し、一連の中高級居住区と人材マンションは次々と出来ました。常熟理工学院東南校区、科創ビル、常熟国際学校などは続々と利用し始まり、華順ソフトウェア園、同済科学技術園、広和サービスアウトソーシング産業園など生産型サービス業の拠点は全面的に進められています。且つ、本高新区は供水、給電、ガス供給など都市関連施設を揃え、力を入れて交通網の建設を強め、区内では、「五縦五横」合計100キロ以上の主要・副幹線道路と市街区域主要幹線道路は「シームレスドッキング」を遂げています。

このうえ、常熟高新区は産業グレードアップと都市建設を合わせて進め、「高始点で企画する、高標準で設計する、高品質で建設する、細かく管理する」という要求に基づき、人流れ、物流、情報流れ、資金流れの集まることをリードにし、絶えずに金融、科学技術、ビジネス、レジャー、現代居住区などの機能を豊かにして、主に本区内企業革新・創業のニーズをめぐり、産業拠点の建設、都市機能の関連及び基盤施設の建設を速め、努力して基盤開発、機能開発、形態開発を同時に揃える産業・都市の取組み・開発の新局面を成していきます。同時に、本高新区は「環境に応じて本区を建てる、良質品質を目指す」をもとにし、真面目に開発と環境保護との関係を良く行い、緑色発展の道を歩き、頑張って「緑色生態」を南部新城における最大注目点と特長にしていきます。

将来に向き、常熟高新区は、主導産業の集中効果を一層高め、自動車と部品、ハイエンド装備製造、ハイエンド電子情報(光電)産業のハイランドを速く造り、サービス経済による引率効果を一層はっきり現し、力を入れて現代サービス業の産業・都市取り組み・移転発展に対する貢献を向上させ、科学技術の革新・駆動効果を一層広げ、全面的に自主革新能力と内部発展パワーの結構調整と方法移転における主導地位を確かめ、高級人材の引率の働きを一層強化し、産業人材、科学技術型人材及び管理人材の速めて集まるように行い、住民生活をより多く投資し、全面的に現地公共事業発展と基本サービスの均等化、社会管理科学化のレベルを高め、南部新都市の建設を一層速め、努力して革新資源、高級人材、現代産業、総合ビジネスを一体にし、及びサービスにて産業のグレードアップを動かして現地発展にリードする、機能型、複合型、品質型、生態化の「美しい新城」を建てていきます。

リンクス::